137MD/137MAの部屋

 

CONTAX Y/Cマウントの一眼レフカメラ

初のモータードライブ内蔵ボディ

フィルムを自動で巻き上げ

ファインダーを凝視し続けたまま

ワンカットづつ入念に撮影出来ます

カール ツァイス T* レンズの魅力を引き出せるよう

シンプルな操作性のボディになっています

 

137MD −一眼レフの概念を越える一眼レフ−
発売年月 1980年05月
シャッター 左右走行布幕FP電子制御
シャッター速度 AE 11〜1/1000
マニュアル不可
バルブ・X(1/60)
ファインダ−倍率 0.86
ファインダ−視野率   95%
スクリーン 固定式
標準スクリーン 水平スプリット/マイクロプリズム  
巻き上げ 秒2コマ
フィルム感度範囲 12〜3200(ISO)
サイズ 143×92.5×51mm
重量 590g
使用電池 単三電池×4
定価 ¥87000

 

137MA −新しい映像感覚が目覚める−
発売年月 1982年10月
シャッター 左右走行布幕FP電子制御
シャッター速度 AE 11〜1/1000
M   1〜1/1000
バルブ・X(1/60)
ファインダ−倍率 0.86
ファインダ−視野率   95%
スクリーン 固定式
標準スクリーン 水平スプリット/マイクロプリズム  
巻き上げ 秒3コマ
フィルム感度範囲 12〜3200(ISO)
サイズ 143×92.5×51mm
重量 610g
使用電池 単三電池×4
定価 ¥98000

 

 

137MDついて

 

137MDのシャッターダイヤルは絞り優先、X接点、バルブになります

 

初のモータードライブ内蔵ボディということもあり

巻き戻しは手動になります

 

基本的に絞り優先での撮影になるかと思いますので

露出補正やAEロックを有効に使って下さい

 

 

137MAとの違いついて

 

絞り優先の他にマニュアルモードが追加されました

撮影コマ速度は137MDが2コマ/秒、137MAで3コマ/秒と速くなっています

 

 

その他の機能

 

底蓋と電池を外し137パワーアダプターを装着します

詳しくはこちらをご参照下さい

CONTAX寒冷地アクセサリーの部屋

 

マウントの側部にレリーズ端子があります

Lタイプのレリーズが使えます

詳しくはこちらをご参照下さい

リモートコントロールの部屋

 

 

137の記念モデル

 

137MDリザードスキン 茶トカゲ

50周年記念モデルです

残念ながら137MAでは製造されませんでした

 

137MDリザードスキン 赤トカゲ

こちらも50周年記念モデルです

茶トカゲと赤トカゲの2色が販売されました

 

 

 

 

inserted by FC2 system